黄金桂烏龍茶特級(50g)

¥1,759

黄金桂の主な産地は、安渓鉄観音と同じ福建省安渓県です。しかしながら、鉄観音とは、元となる茶樹の品種も製造方法も異なるため、味わいや香りは大きく違ってきます。発酵度も約30%と比較的低いこともあり、鉄観音と比べると、味わいはあっさり、軽やかで、飲みやすいのが特徴です。

商品カテゴリー: , 商品タグ: , , ,

説明

金の烏龍茶と呼ばれている黄金桂烏龍茶は比較的発酵度を低くして製造されます。
そのために水色は薄く、まさに黄金色であります。また、かすかに桂花(キンモクセイ)の香りがします。黄金色の桂花の香りを持つお茶ということで、黄金桂と呼ばれています。
黄金桂の主な産地は、安渓鉄観音と同じ福建省安渓県です。しかしながら、鉄観音とは、元となる茶樹の品種も製造方法も異なるため、味わいや香りは大きく違ってきます。発酵度も約30%と比較的低いこともあり、鉄観音と比べると、味わいはあっさり、軽やかで、飲みやすいのが特徴です。
黄金桂の「桂」の字は、中国語で金木犀(キンモクセイ)を意味する「桂花グイファ」に由来しています。ですが、桂花烏龍のように、キンモクセイの花を直接使って香り付けしているわけではありません。キンモクセイに喩えられる自然の香りと甘みは、今も多くの人を魅了しており、中国茶初めての方にも自信をもってお奨めします。

※商品画像色合いは写真のため、実物との見え方は異なる場合があります。
※商品画像中の急須、湯飲みとマットなどは別売りで本商品に含まれていません。

追加情報

重さ 0.1 kg

黄金桂烏龍茶の飲み方

○ お湯は必ず、沸騰直後のもの(100度)を使ってください。
○ あらかじめ茶器はお湯で温めておきます※1。
○ 茶葉5g(大さじ約1杯)に対し、お湯100ccを目安に注ぎます。
○ 初回のみ、お湯を数秒間で捨て※2、あらためてお湯を注ぎ、約30秒蒸らしてお飲みください。
○ 1回分の茶葉で、5~7煎くらいまでおいしく飲めます。

※1 茶器が冷たいと、お湯を注いだ瞬間に温度が下がってしまい、結果として茶葉が充分に開かず、本来の味が出ません。茶器は必ずお湯で温めておきましょう。そのひと手間で、お茶はぐんとおいしくなります。
※2 茶葉を開きやすくするために、初回の茶湯はすぐに捨てます。これを、茶葉をお湯ですすぐという意味で「洗茶(せんちゃ)」といいます。洗茶は必須ではありませんが、洗茶することで、茶葉の本来の味を最大限に引き出すことができます。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

より良い商品の紹介 …