情熱とは赤である

北村堅治の世界は「赤」。これらのお皿も例外はありません。あなたはその赤を見つけれますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です